公告方法には配布規模の高い、効果的なやり方があります

様々な素材がある

印刷機

上質紙とコート紙

業者にフライヤー印刷を依頼するとき、重要なポイントとなってくるのが印刷用紙の素材です。なぜならば、この素材一つで同じデザインのものでも印象が大きく違ってくることがあるからです。一般的に使われている素材としては上質紙がありますが、これは化学パルプ100%で作られた紙になります。比較的厚く裏が透けないというメリットがありますが、光沢を出すことができないためあまり発色が良くありません。文字やイラストのみのデザインであるならば、この上質紙によるフライヤー印刷でも十分に見栄えがしますが、写真の印刷には不向きとなります。ただ比較的に安価でフライヤー印刷することができるため、配布用や屋外のポスターなど気軽に利用しやすいのが上質紙のメリットと言えます。もしも、発色の良いフライヤー印刷を望むのであれば、コート紙を素材にするのが良いでしょう。コート紙とは上質紙の表面をコーティングしたもので、ファッション誌や写真集などに使われているのと同じ素材です。上質紙よりも値段が高めとなりますが、発色も良いため写真などを印刷するのに優れている素材だと言えるでしょう。特に、飲食店のメニューやポスターなどで多用されることが多く、提供する料理の写真が載せられるためお客様にアピールしやすくなります。これ以外にもフライヤー印刷では再生紙やマットコート紙や撥水紙など多様な素材が使われているため、用途に合わせて選ぶようにすると良いでしょう。

Copyright© 2020 公告方法には配布規模の高い、効果的なやり方があります All Rights Reserved.